« ピザ屋を作ってみる、その2 | Main | ピザ屋を作ってみる、その3 »

September 20, 2005

つらつらと、、、その23

中秋の名月に涼しい夜と思いきや。
意外に暑い夜もあったり。
季節の変わり目をかなり実感できる毎日、体にはちょっと堪えるけどいい感じ。

仕事とプライベートと家いじり。
取り留めのない感じが季節にぴったりなそんな毎日のつらつらを、、

その一

冬も近づいてきたので、早々に冬支度。
開きっぱなしの窓をどうにかする。
車が入れるように作り変えた入り口にも扉をつける。
色々と山積み。

自分の気合を確かめる為にも、とりあえずずいぶん長い事ほったらかしにしてあった寝室の掃除をしてみた。
あの個展の前後、結構な数の取材を受けて、そのつどアトリエに取材の方々がやってきた。
大体からして忙しいのが常な時期だし、掃除ももともと大嫌い。
そのつど、居間に脱ぎ散らかした服や散らかってる本、そんなものを寝室に放り込んでお茶を濁していた。

なんか最近、靴下が無いな、、とは思っていた。

寝室床に積もった本の山をどけてみたら、靴下屋の倉庫?ってくらいの靴下在庫。
よく考えたら、ロボ作り始めてから掃除した記憶もなかった。
下手すればもっと前から。

この秋からもう少しこまめな掃除をする所存。

その二

どこかのブログに書いてあった、沖縄に移住する25才。

愚妹。

武闘派の俺に恥じないファイトっぷりが有名らしい。
一度、自分もリングサイドで観戦したことがある。

なぜかは覚えていないけど、酔っ払って帰ってきたある夜。
実家の居間から、どうにも一般家庭にはそぐわない荒い息遣い。

一目見て普通に引いた、親子喧嘩。

なんつーか。

俺なりに解説すると、シウバVSコールマン。

妹は生粋のストライカーなので、どうにもシウバと被る。
弱点は意外と虚弱なのでスタミナ。

親父は、まぁ、昔は鍛造やってただけあって、アルティメットハンマーって感じ。
腕力だけで間接技とか覚えられない感じだし。

試合内容もシウバとコールマンやったらこんな感じだよな、、って。
妹片足タックル→親父がぶる、でもその後の展開が思いつかない→がぶられた妹、下から巻き返そうにも体重差に苦戦
そんな感じの膠着必死の展開の中、正直かなり引いた目で見ていたんだけど、結末はあっけなかった。

シウバ、がぶられた下から肘でコールマンの脇腹を痛打、そんでKO。

なんかね。
肋骨ヒビ入れた親父を夜中に病院に連れて行くのは息子としては意外と寂しい経験だった。
なんかとてもバカらしい展開に面倒に思えて救急車呼んじまおうかと思ったのを覚えている。

ちなみにKO勝利後のシウバはバイクで逃走。
後日、親父をKOしたと知人に速報を自ら吹いて回ったらしい。
まさに孤高にして真の愚妹。

なので、罠兎さん。
妹と殴りあうのは止めたほうがいいよ。

その三

本日、とある人をお迎えに羽田に行った。

到着ロビーで待っていると、なんだか取材のクルーが居て、、、
芸能人でも居るのかな、、と思ってた。

俺のお目当ての飛行機が到着。
なんだか人も集まってきたので、ヨン様か!?とか思ってたら、ビリケン様が出てきた。

通天閣に住んでるビリケン。

その飛行機に乗ってきた知り合い曰く、”ビリケン様の足の裏触るとどうなるのか判らないけど、足の裏を触らせてもらった”との事。


なんでビリケン?
なんか変な一日だった。



« ピザ屋を作ってみる、その2 | Main | ピザ屋を作ってみる、その3 »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42359/6037909

Listed below are links to weblogs that reference つらつらと、、、その23:

« ピザ屋を作ってみる、その2 | Main | ピザ屋を作ってみる、その3 »