« DPM中止。 | Main | 春全開。 »

March 11, 2008

高炉のモニュメント作りだ。

まいど。

暖かいねぇ。
春が来たねぇ。
花粉も。

前回書いたとおりに、山梨から千葉は蘇我って所に滞在しているこの一年。
来た時の印象は”暖かい”だった。
アトリエが元倉庫って事もあるんだけど、夏はびっくりの昼間46度の記録を叩きだし。
冬は山梨よりも気温は全然高いんだけど、海風というか風が強く冷たい。
山梨の芯からくる寒さとは違って、肌を刺すというか。
色々なところに住めるって、面白い。
千葉から山梨へ高速で移動するときも、山を越えて地形が変わるから気候も変わるんだねぇ、、と。
感慨深い。

で、千葉の春。
もう少し前のことだけど、例の春一番。

DSC02590

物凄い砂嵐。
広大な土地が広がってるはずなのに、なにも見えない。

DSC02597

アジトの中も黄色く霞んできたので、一時退散するも、一夜明けたら砂まみれ。

DSC02633

そんな千葉から、最近の週末は山梨作業。
今度は雪景色。
9ミリの鉄板を焼くのだ。
山梨は寒いから丁度いいのだ。

DSC02637

こんな感じに真っ赤にして、テクスチャをつける作業。
繰り返す事、1.2トン分。
一人でやるには、ちょっと多い感じ。

DSC02660

デカイのやら。

CIMG0577

叩いて丸めたりとか。
最近は3.2とか薄いもんばっか使ってたから、9ミリはなかなか重い。

なんで焼くかってーと、普通の鉄板はツルっと綺麗で、ちょっと面白くないと。
ついでに、焼くと分厚い酸化皮膜もできて錆びにくくなる。
製鉄所を見学すると、如何に鉄板の表面を綺麗に!という事にがんばっているのに、わざわざ荒らす作業。
ちょっと申し訳ない感じ。

DSC02666

でもやっぱし、焼いた方がかっちょいい。

DSC02668

んで、荒らす為にはちょっと表面が溶け出すくらいに焼く必要がある。
真ん中あたり、明るすぎて写らなかったけど、鉄が黄色く溶け出して水溜りになっている。
この鉄の湯をどかしておかないと、歪み修正面倒なので、ちょっと排除。
要は溶けた鉄を床に捨てるだけなんだけど。

CIMG0590.AVI_000011044

熱い。

CIMG0590.AVI_000012045

顔にお面をかぶっているのは、火花が危ないから、、というよりは、顔が熱いから、という理由が大きい。

CIMG0590.AVI_000012345

写真で見るとかめはめ波出してるみたいだねぇ、、

CIMG0590.AVI_000012612

写真も綺麗だけど、やってる時は本当に綺麗。

CIMG0590.AVI_000013146

写真は派手に写るけど、実際に溶けた鉄の量は、多分、20ccとかそんな量のはず。
写真は残像も写るから超派手に見える。
ここいら辺り、鉄はダイナミックに見えてお得な感じ。

DSC02651

ばら撒かないで、上手く溶けた鉄集めてみた。
石ころみたいだけど、意外に重い。

と、こんな山梨の週末。
平日千葉で、週末山梨なんて、いい生活。
とはいえ、1.2トン分は少々大変。
当分鉄板見たくない気分。


« DPM中止。 | Main | 春全開。 »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42359/40462438

Listed below are links to weblogs that reference 高炉のモニュメント作りだ。:

« DPM中止。 | Main | 春全開。 »