« 負け新年。 | Main | クラタス 肩のあたり その2 »

January 18, 2011

クラタス 肩のあたり。

 

まいど。

寒すぎる。
温暖化はもう少し進めたほうがいいんじゃなかろうか、、という、山梨の冬。
享年降った雪が未だに凍ってガッチガチ。

DSC03439

フォークのラジエーターが完全凍結、、。
中古で買ったやつなんだけど、不凍液がちゃんと入ってなかったっぽい、、、。
半日ジェットヒーターで解凍して無事復活。
ロシアかここは。

さて。
クラタスのほう、指を改めて写真とったら、意外にかっこよかった。

SANY0038

グー

SANY0037

パー
親指はまだくっついてないけれども。
と、ここのところの科学素材系作業に飽きてきたので、鉄に戻るか、、と。
そんな感じで肩周りに手をつける。

DSC01323_thumb

こんな感じに組んで

DSC01327_thumb

固めて

DSC01367_thumb

溶接。
間接部分は、メタルベアリング的な感じでパイプの輪切り。

DSC01369_thumb

数があるので、地味に時間かかる。

DSC01371_thumb

今回用にドリル刃も調達。
自分で買ったドリル刃で一番デカイ。
ヤフオクで安いの買っても一万を余裕で超える、ブルジョア工具。

DSC01341_thumb

肩も一丁あがり。

DSC01349_thumb

そして、いつかは買おう、、と心に決めていたクレーンスケールも購入。
勝手に5万くらいはするだろう、、と思い込んでいたんだけれども、これまたヤフオクで新品2万くらい。
もっと早く探せばよかった。

ヤキイモ屋のばね量りの親分みたいなヤツで、量りたいものを下に吊るすと3tまで量れる優れもの。
アトリエの設備的に1t以上は吊れないが残念無念。

しかし、なれた素材とはいえ、、
鉄は楽だ!!!
FRPも相当面白いんだけど、、下準備がすごく大事というか。
鉄の即興性というか、適当にやってても形になるって雰囲気に慣れてしまっているので、FRPの作業性には戸惑うことがすごく多い。
基本的に片付けしながら物作れないので、根本的に向いていないのかもしれない。
オレのFRP心の師匠の仕事場いっつもキレイだしな、、、。

打撃系クリエイターとしては、寝技的な違いというのか。
目指せトータルファイター。


« 負け新年。 | Main | クラタス 肩のあたり その2 »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42359/50618994

Listed below are links to weblogs that reference クラタス 肩のあたり。:

« 負け新年。 | Main | クラタス 肩のあたり その2 »