« 油圧機器連絡。 | Main | 近状報告なぞ。 »

February 02, 2016

クラタスVSメガボッツ戦進捗。

まいど。

皆様を大変やきもきさせてるであろう、メガボッツ戦進捗状況であります。   
一番やきもきしてるのはオレって話もあるが。   
そんなメガボッツ戦関連を、、。   

その一   

昨年7月辺りの彼らの挑戦メッセージから早半年。   
早々にメガボッツチームと基本的な対戦の合意書を作成。   

彼らの挑戦ビデオでは我々サイドが対戦地決定していいとの事だったので、、、   
①アウェーのアメリカでやるのはヤダ。オレ挑戦受ける側だし。   
②多分日本では空圧のペイントボールとはいえ、彼らの武器を持ち込むのは難しそう。   
こんな理由で、日米以外のどこか見つけるかな、、、という流れに。
とはいえ、ロボ輸送費、デュエル運営費、スタッフ衣食住、、、、かかる費用は膨大になるので、それを含めて有利な場所を選定しなくちゃいかん。   

で、オレとしては頭にモヤモヤっとココらへんでやりたいな、、、と思っていた矢先。   

”うちでやってくれ。”とのメールが舞い込んだ。   
ほぼオレの思惑通りの場所ピンポイント、それも普通じゃありえないルートから。

速攻現地に交渉チームに行ってもらい交渉スタート。   
数ヶ月の交渉の後、かなり良い条件でまとまりつつ、昨年末には対戦地決定の報を流せるかな、、と思っていたのだが、。   
とにかく外国、すべてが遅い、、、。
    
で、メガボッツの方はビデオでこっちに対戦地を決めろって言っちゃった手前、おおっぴらには言わないがアメリカでやりたいという本音があり、そっちも色々交渉中と。   
そんなこんなで、両者の思惑を持ちつつ、両者交渉を進めて早く決まった方がより有力なプランになるという感じ。   
要は前哨戦をバリバリ戦っているところ。   

とにかく外国相手は大変だ、、。   

なんかこう。   
大晦日の前日に、ヒョードルの対戦が永田に決まる的な、マッチメイクの裏事情が想像できる気がしてきた、、、。   


その二   

実のところオレ英語さっぱりでして。
メガボッツチームとの交渉等は友人かつ水道橋重工準構成員専任翻訳担当のアレックスを介して行っている。   

先日、ちょっと問題があり、FBメッセでチャットを翻訳してもらいつつ会議。   
アメリカと山梨の話を都内で翻訳中継と、なんだか未来だなぁ、、、と思いつつ。   
まぁ、国が違う同士の話は結構根本で理解が進まない事もありまして。   
”なんど言ったらわかんだよ!!”的な”意味わかんねぇ事言い出してんな”的なブチ切れの後にお前らちょっと来いと。
(アレックスが柔らか翻訳してくれるので、オレは結構言いたいこと言ってる)
    
で、緊急来日。   
左の三人がメガボッツチーム+α、右がアレックスの通訳に頼り切るオレチーム。

12596676_1146730162026142_2144084166_o   

連中は会議前日22時に到着。   
帰りは会議当日24時という弾丸ツアー   
お前ら飛行機乗ってる時間の方が長いんじゃないの、、、

12637000_1146730335359458_1760840877_o   

当たり前だが、会うと話は早い。   
ここは問題だな、、と思ってたところが意外とすんなり合意出来たり。
そうかと思えば、お互いに気にする部分がまったく違う事を改めて実感したり。
まぁ、色々な意味で充実した時間が過ごせた。

会議後、フライトの時間まで時間ありすぎて、時間つぶしに近場のアキバへ連れて行く。   
ゲーセンでやり方分からないガンダムのゲームで対戦を挑まれ、オレ&アレックスチーム轟沈。   
本番ではゲームのカタもきっちり返してやることを決意。   

社費で夕食に焼き肉をおごってやるも、帰りしなに「お前らアメリカ来た時はお返しにバーガーキングおごってやるよと」   

子供かお前ら。

しかしなんだな、まぁいい奴らだ。   
ぶっ飛ばすけどな。   

あんまり仲良くなると戦いに情けが生まれてイカンな、、と思いつつ、やんわり距離を作りたい時は通訳してもらってるのが都合がいい。   
仲良くなるのは戦いの後でいいのだ。

その三

メガボッツチームと色々話し、アメリカンスタイルというか、モノ作りをかなり分業で行うスタイルだという事が分かってきた。
    
交渉の中で、
”我々は、色々な事が早く決まらないと間に合わせねぇよ!!と、彼らは「なんでそんなにあせってんの?」的なズレ”を、ずっと感じていたんだが、理由が解った。
    
要は機体に関してはオレVSアメリカ人のべ数十人の戦いという構図の模様。

   
色々決定したら、投資も来るからお金ぶち込んでスタッフいっぱい雇えば、あっという間にできるぜ!というスタイル。   
ちょっと前に、MK2は作るの幾らかかったの?と聞いた事があり、なんでそんなにかかったんだと驚いた事があるんだが、色々納得いった。

   
オレの浅く広く、やれることは全部自分でやりたいスタイルと完全に逆。   
こっちは莫大な予算は必要ないが、とにかく時間が必要。
なので、対戦地含む詳細が早く決まることが生命線とも言える。

面白そうなら即投資が出てくるアメリカ、ここも日米違いはハッキリ。   
個人の資質で我々チームが負ける事は100%無いと今も確信しているが。   
色々な事がギリギリに決まり、物量作戦で来られるとかなり不利な状況も見えてくる。
ココらへんの事情が見えてくると、さすがに不安も湧いてくる。
 

その四   

そんなこんなで、出せる情報は多くないものの、やることやっております!   
機体準備もできる範囲で進めているし。   

で。   
以前より、取材やらのメールに全部お応えできないよーと書いていましたが、あんまり状況かわらず。
そんな感じで最後に業務連絡。

水道橋重工からのメガボッツ戦詳細決定リリースまでは、国内外問わずガボッツ戦に関する取材、番組オファー等、各媒体の公平を記するためにも一切お受けしません。

ご理解の程をよろしくお願いいたします。

Until we can release official news regarding the details of the duel with Megabots, in the interest of fairness to all relevant media, we are unable to respond to any domestic or overseas TV show offers, interview requests, etc. regarding the duel. We appreciate your understanding, and hope you’ll continue to look forward to the world’s first giant robot duel.


« 油圧機器連絡。 | Main | 近状報告なぞ。 »

Comments

段取りが進んでいるようで何よりです!

あちらは束になってかかってくるかも知らんけど
クラタスの背中は我々が一生懸命の気持ちで押す。
渾身の力で、ただただ押す。

コテンパンにしてやってください。

Posted by: 待ってました! | February 02, 2016 at 08:11 PM

うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお

Posted by: | February 02, 2016 at 10:31 PM

どんなクラタスになるのか楽しみです!
応援しています!

Posted by: | February 03, 2016 at 03:41 PM

米国人の戦は、常に資金と物量・人の数を揃えれば必勝パターンという発想ですね。
一体、クラタスはアーティスト魂の結晶だという理解をしてもらえるのでしょうか?

Posted by: 加藤 | February 05, 2016 at 10:47 AM

隣国のメディアがクラタスに対抗して軍事用有人ロボット開発を!とかまじめな記事にしてますねぇ。。。

http://daily.hankooki.com/lpage/politics/201602/dh20160209071049137530.htm

Posted by: | February 10, 2016 at 03:06 PM

只今、ガガンガンのクラタスモデルを四機購入で支援いたします。是非、殴りあってロボット職人同士の絆を結んで下さい。

Posted by: | February 12, 2016 at 07:11 PM

初めまして。
倉田さんのを知ったのはボトムズ製作から間もない頃で、当時は未成年でありました。
そんな私もその頃の倉田さんと変わらぬ歳になり、非力で臆病な性格だったのが、今では勘と力任せをモットーに週末の車いじりを楽しむ大人になりました。
きっと倉田さんの存在が大きかったのだと思います。

本当に大人って楽しいですよね、知らないことをするのも楽しいですよね。
それを教えてくれたボトムズと倉田さんには本当に感謝しています。

メガボッツ、ぶっ飛ばして下さい!

Posted by: | February 14, 2016 at 10:54 PM

初めまして。
去年の夏の衝撃以来、ずっとクラタスとメガボッツから目が離せません。
当然私としてはクラタスに勝ってほしいし、勝ってくれると強く確信しています。
そこで以前のクラウドファンディングの話なんですが、やっぱり向こうの資金力と、協力者やNASAなどのハイテク技術にはさすがにビビってしまいます。
クラタスこそが世界初の量産型搭乗ロボットであり、国内最強で世界最高峰であり続けてほしい。
巨大なロボットは運ぶだけで大量のお金がかかると思います。もしメガボッツが目標資金に達したとすれば、まさに倉田さんvsアメリカ国家になり、クラタスにとってはとても…と思っています。
そもそも一年という短すぎる期間なので、今回は人類史に残る初めてのスポーツ巨大ロボバトル、にとどまるのかも知れません。
けれど、10年20年後、間違いなく加熱するこの新時代の喜びにクラタスが世界一位でなかったとするなら、それはあまりに残酷な話です。
これは倉田さんの希望とは全く違うのかも知れませんが、水道橋重工が将来、日本全体の誇りであったらいいなと思います。
JAXAを始めとして、自動車、航空機、鉄道、ありとあらゆる日本の知恵を終結させ、メガボッツと、その後に生まれるであろう世界中の巨大ロボをぶっ飛ばして欲しいです。
実際、ある一定の市場が生まれて、メガボットみたいにコクピットをロケットのように丈夫にすれば、戦いの幅が広くなると思います。第3のオリンピックが生まれるならば、それは巨大ロボでしょう。
アメリカのモジュールロボットを、日本のアーキテクトによるワンオフロボットでぶっ飛ばしてください!
クラタスの輸送費くらいならクラウドファンディングで集めても、倉田さんの理念に反しないんじゃないかなって思います。

Posted by: | February 18, 2016 at 03:10 PM

初めてコメントさせていただきます。

倉田さん、何と言っていいかわかりませんが負けないでください!どんな試合形式になろうとも!心から応援、また心から楽しみにしています。

Posted by: S.T | February 21, 2016 at 09:11 PM

観戦に行くと決めてますのでヨロシク!

Posted by: nicholson | February 22, 2016 at 03:55 PM

バタバタ忙しくいていたら、いつの間にか更新されていました・・・orz

何はともあれ、大和魂を見せつけてやってください。

Posted by: 至峰山人 | February 24, 2016 at 05:11 PM

こんな記事を見ました。

http://gigazine.net/news/20160303-robot-lives-matter/

正義は見解の数だけあるんだなぁ

愛だよ、愛

Posted by: | March 03, 2016 at 05:40 PM

MegaBotチームの挑戦ビデオに対してクラタスチームが"WE ACCEPT."と返答した時からずっと注目しています。

ふと思い出した時に検索していましたが、今回の”対戦地・MEGABOTチームとの交渉及び交流・ファイナンス及び必要時間”等に関する具体的な報告を見て「とうとう話が本格化してきたんだなぁ、今年中に巨大ロボ対決が本当に実現するのかぁ、、。」と恍惚としてしまいました。
これは、きっと日本のみならず世界中の人々が感じていることだろうと思います。

僕がつい最近閲覧した森記念財団のサイト(http://www.mori-m-foundation.or.jp/ius/gpci/)で、建築家のアストリッド・クライン氏が次の様な発言をされていました。
「東京はこの堅固な基礎の上に文化的なスパークを起こさなければならない。人々はいつの時代にもまして、情緒的に豊かな時間を渇望しており、いつまでも思い出に残るインスピレーションに満ちた経験を求めている。これは新しいラグジュリーなのである。
 〔中略〕キーワードは「楽しみ」(Pleasure)であるべきだ。それさえあれば、イノベーションや投資は自ずからついてくるのだから。」

上記の文章で書かれている様に、今回の巨大ロボ対決が実現すれば新たなイノベーションの波が世界中に広がるかも知れません。

現在の日本の状況、つまり”東日本大震災及び原発事故を発端とした有識者・富裕層及び資本の流出による日本全体の学力レベルの低下、中国・シンガポールの経済・学力・文化的台頭”に直面している真っ只中で今回の様な活動を実行して下さっているクラタスメンバー及びMEGABOTメンバーに対して尊敬の念を隠さずにはいれらません。

僕はこうして仕事の合間にコメントを残すことしか出来ませんが、今回の対決に興味を抱いている一人の人間として、倉田さんを含む当事者の皆様が思い描く通りに”巨大ロボ対決”が成功を収めるよう強く願っております。

Posted by: | March 03, 2016 at 07:52 PM

かなり話が進んでたんですね
Youtubeやブログ更新されてないのでご破算になっちゃったのかなーと勝手に思ってました
あと"その四"は非常に重要なことだと思います
頑張ってください

Posted by: | March 07, 2016 at 09:02 AM

お疲れ様です!
熱い展開に心が躍ります。
あのPVに使用した「日の丸油圧』デザインの
Tシャツが欲しいのですが…
販売して頂ければ即買いします。
ご多忙とは思いますが何卒前向きご検討お願い致します。
皆様のご健活を心より祈っております。つ

Posted by: tsumac | March 17, 2016 at 12:56 PM

頑張ってください。
応援してます。

Posted by: tassu | April 24, 2016 at 08:45 AM

まだかのう対戦は( ՞ةڼ )対戦日時も決まって無い…のか?

Posted by: | July 04, 2016 at 02:10 PM

対戦日時?

大晦日でしょ、格闘だし。

地上波じゃ無くてもOKっす。

これを見るだけのために有料放送契約します。

CMなしで英語と日本語の中継、ドローンの空撮あり、コクピットのLIVECAM・・・

素人でも思いつくレベルですけど、血圧上がるなぁ

Posted by: | July 05, 2016 at 09:15 PM

ワクワクしながらも気長に待ってます(o^^o)
クラタスチームもメガボッツチームも怪我のないようお気を付けて。
対戦、楽しんでくださいね〜

Posted by: ぽやん | July 14, 2016 at 02:59 PM

今更だけど興醒めですわ
日本のもの作りの意地とか体裁のよさそうなこと言ってますけど
正直全力同士の勝負で負けるのが怖いから予防線張ってるようにしか見えませんよ
今からでもクラウドファンディングなりスポンサー募るなりするべきでしょ
どうせ準備期間1年じゃ足らないっての分かり切ってたことですし

Posted by: | September 02, 2016 at 01:40 AM

あんだけでかでかと相手してやるとか言っといて1年過ぎて音沙汰なしとかやらないにしても何か言うべきなんじゃないのかな

Posted by: | September 05, 2016 at 05:55 PM

威勢のいいこと言っておいて1年たっても音沙汰なしかよ馬鹿じゃねーの

Posted by: | November 07, 2016 at 06:14 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 油圧機器連絡。 | Main | 近状報告なぞ。 »