February 15, 2005

1/1 巨大ロボ制作 腕

まいど。

巨大ロボ制作、やっとこ左腕が完成に近づく。


昼間に写真を撮ると写りがいいねぇ。
気を許すと転がってくるのでちょっぴりやっかい。

 

二の腕。
時間がかかった。
そんな予定は無いんだけど、一応ノーマルの腕もつけられるようにコンパーチブル仕様。
無駄だとは思うし、時間もかかるんだけどしょうがない。

作業中に、なんか甘~い匂いがするぞ?
って思うと、大抵、、服がどこか燃えている。

仮組。
バランス見るのも一苦労。
数箇所の直しがやっぱりあった。

 

ここのところ、写真はそこそこあるのだけれど、いかんせん時間がない。
サイトもほっぽらかしなので、ワンフェス前には更新したいところ。
がんばらねば。

あ。
ワンフェスの方はほとんど準備完了です。

あと、鉄の色と温度についての質問くださった方。
赤くなり始めたら700度は越えてると思うけど、正確じゃないです。
鉄の色、温度で検索すると資料と思うよん。

| | コメント (2) | トラックバック (6)

January 31, 2005

巨大ロボ製作 とある部品。

まいど。

犬のブログ?
いや、今のところロボ製作がメインのブログのはず。

週末は気合入れてやりましたよ、、
ひさびさに。

こんな事をしてました。

鉄の棒

切る

綺麗。

熱する

叩く

もっと叩く

爪が出来上がる。

あんまり画像を詰め込むのもなんなので、工程をかなりはしょっているけど、こんな感じ。
実際には、切れ目を入れて曲げて、、溶接して、、削って、、、とか。
本物のナイフ作りとかだと、研ぎだす手前まで叩きだけで作るんだけど、、、
物がデカイし、色々と大変なので大体の形を叩きだして、あとは切った張った削ったのちょっとインチキな作り。

本屋で立ち読みしたんだけど、今月号のナイフマガジンに結構くわしく鍛造ナイフの作り方が載っていて分かり易かったので、 興味のある方は見てみるといいかも。

プラモデルとかとは違って、形が気にいらなければ曲げ直したりできるので鉄は本当に便利。
いつもの如く、もう一個作るのが面倒くせぇ、、、、

うっかり持ったまま転ぶと体に刺さりそうでちょっと恐い。

 

| | コメント (6) | トラックバック (4)

January 19, 2005

巨大ロボ製作 告知。

まいど。

いきなりですが、2/20に行われるワンダーフェスティバルというイベントに参戦する事になりました。

タカラのブース?になるのかな。

今回の参加は部品出品で、ちょっとばかしかっこいい形での展示を出来ればと思っております。
以前に、どこかで部品を見たと思う方もいるかと思いますが、なかったことにしてください。
忘れてください、怒られます、、

呼び出しされたサンライズでの事。

打ち合わせ内容は私が参加するか否かという事に始まるのですが、、、
打ち合わせに遅刻した、、のと、参考にと1/12を頂いた(キリコ付き!)のですっかり気をよくして、即承諾。
ふふふ。

なんでも、今回は有志の集まりでボトムズに関連した会社を集めてブースを設置。
なんか面白そうではあります。

タカラの方とお話をさせていただいたのですが、最近はやはりプラモデルも接着剤を使うキットなんぞ! という風潮があるという事をおっしゃっていました。
子供の”作る”という部分を押し上げるためにも、作るのが難し~いハイレベルなボトムズプラモデルを作って!と一言物申して参りました。
作ってね、タカラさん。

あと、うちのスコープドッグもワンフェスの当日版権で売れるの?
と聞いてみたら、、
承諾されれば、?%のロイヤリティで可能なそうな。
ふふふ、、、。

”量産するの?”
と聞かれましたが、、
するわけないでしょ、、、
間違えて北朝鮮あたりから発注きそうな気もするけど。

まだ、どんな感じに展示するかハッキリとは決めていないので、決まり次第書きます。


 

 

| | コメント (5) | トラックバック (16)

December 14, 2004

1/1巨大ロボ製作 チキショーー

本日二本目。

マイカーとマイロボ。

膠着の検討をしてみた。
とりあえずは固定とかには問題なし。
写真には写っていないけど、右足の方はスネから下も組んである。

が、
バランスが悪い、、、、、
やっぱり、腕の位置が良くない、、、
ちっきしょう、、、、直すぞ。
とことんやってやる。

| | コメント (12) | トラックバック (7)

December 01, 2004

1/1 巨大ロボット製作 ぼちぼち再開。

まいど。

 

ギブスは確かに取れた。
とはいえ、、ちょっとハンマー振れば痛いわけで作業は進まないからこまったもんだ。
とりあえず、、、、ハンズで衝撃緩衝材を購入。

こんな感じで手のひらに固定してみた。
とはいえ、手でしっかり握って叩くと痛い(というかうずく)ので人差し指と親指だけでハンマーを持ってやってるけど、、
握力がもたない、つーかキツイ。
右手の筋力も落ちてるっぽいしねぇ、なんだかお腹も出てきたし。
3週間のブランク、侮り難し。

そんなわけで、ここのところは先日の検討に引き続き、組み上げたりバラしたり、そんなことをしていた。


足に腰の部分を乗っけてみて、立った時の検討を重ねる。
自分の頭の高さに100キロ近いものがあるだけで結構怖い。
足首の角度をちょっと変えて、、とかでも下手すりゃ全部一回ばらさなければいけないし。
ぶっちゃけ体がキツイ、、、
ぁぁ、若くねぇ、、と思うことが多くなった。

どれもこれも一パーツ100キロとかだからねぇ、、
最近はちょっと体重が増えたので72キロくらいだけど、、K-1でいえばミドル級、ヘビー級を毎晩相手するのは大変。
そんなわけど、週末はガオグライを応援する。
とはいえ、最近のK-1は面白くないねぇ。

 

| | コメント (15) | トラックバック (2)

November 26, 2004

1/1 巨大ロボ製作 あれ?

まいど。

未だハンマーでガンガン叩けないのでストレス満載。
他の仕事も多々あるので完全に一ヶ月のロスだな、、

で、かわいいマイ重機で出来上がりの検討をしてみた。


あれ?
4メートルって思ったよりもデカイな、、、
これに乗って戦うとか正気の沙汰じゃない気がする。

| | コメント (14) | トラックバック (1)

November 15, 2004

1/1 巨大ロボ製作 奈良事変

まいど。

怪我をしてからはや二週間。
三日で復帰すると息巻いてはみたものの、周囲の説得に負けてちゃんと保養している。

あふれ出るやる気!
全開で空回りって感じ。
そんなこんなの二週間を総まとめ。

思い出せば、珍しく同僚に自分込みの写真を撮ってもらった。

yousetu1.jpg

溶接バリバリ。

doriru.jpg

ドリルでグイグイ。
で、この作業の延長線で持ってるドリルが暴れて手を捻られたと。
なんか分からないけど気を抜いたんだろうねぇ。

今回はちょっと長い。

で、このあふれ出るやる気をどこに持っていこうかと考えた。
忙しいときにできない事をまとめてやろうと決めた結果、前から導入を考えていたフォークリフトを購入することに。
いつものヤフオクで探すと残り時間10分で3万5000円入札の電動フォークを発見。
いくらなんでも3万円台って事は無いだろうと思って入札してみたら、うっかり落ちた。
場所は淡路島、取りに行くぞ!って前日に確認の電話を入れたら先方に繋がらない。
騙された?

な~んか、若い女の子が代理出展だったらしいんだけど、後日、電話番号の記載等々を間違ってよこしたと判明。
予定ががたがたになってしまったので、訳を話して円満キャンセル。

意気消沈していると、まだまだあるもんだ。
今度は奈良で8万500円のエンジンユンボ2t積み。
予算はオーバーだけど、逃しちゃいけない雰囲気だった。

例の如く、”ハングドマン”Tに来てもらい一路奈良へ。
しかしながら、なんか出だしが良くなかった。

torakku.jpg

デカイトラックを借りての出陣なので駐車場のチケットにどうにも手が届かない。
ドアを開けて無理な体勢で取ろうとしたら右手に激痛、なんかがずれた感じ。
早速、ドライバーを代わってもらう事になった。

ちょくちょく出てくる”ハングドマン”Tは小学校からの友達で、前回のフィアット500の引き取りなどなんかあるたびに(特に遠出)来てもらう。
で、なにげに一緒になにかをするとかなりの打率で災いが起こる。
過去に500キロの下敷きにして殺しかけたことすらある。
奇跡が起こったように無傷で帰還したので毎回の如く結果オーライ。
そんなTの本業はバーのマネージャーだったりする。
ついでにい言うと、夜の仕事なので今回も徹夜明け。

で、なんだか最近Tの周辺でよくない事が続いていて、友人3人とお払いに行ってきたらしく「今日は大丈夫と」おっしゃる。
そんな道中、東名は工事で大渋滞、雨もパラパラ。

Tの携帯に電話。
一緒にお払いに行った友人が早くもバイクで事故った模様。
数分後、俺の携帯。
女の子の友達が脚立から落ちてアゴを強打して凹んでいる、とのメール。
嘘のようだけど、ホントの話。
どう考えても不吉。

雨は土砂降り。
先方に渋滞で遅れる旨を電話。
そしたら先方「雨が酷くて、フォークリフトで出られへん」との事。
既に、出発してから6時間、奈良に入った途端にこれか?
我々が手伝ってくれたらなんとか出ると思うからとりあえず来てくれと。

一時間後
更なる土砂降り。
先方に電話。
「雨が止まないから、ガケが崩れる。フォーク出せてもトラックで運べへん」
予定では、先方のクレーン付きトラックで我々のトラックに積み替える予定だった。
偶然、今回のトラックはニッケンで空きがなかったので他のレンタル屋で調達したんだけれども、普通の4tがないので代価車両としてクレーン付きを貸してくれた。
そのクレーンで積む事に作戦を変更しての現地の一発勝負。
このクレーンで積めなかったら、、、レンタル、高速、燃料で5万は飛ぶな、、、と凹む。

現地に着くと雨は上がっていたけども既に真っ暗。
フォークはたしかにガケの上にあった。
歩いてあがるときに「ここはこないだの台風で崩れた跡」と教えてくれる。
ほんとにグズグズ。
フォークを出そうにも、地面がズブズブなのでどうにもならない。
我々二人がフォークに乗ってバックしつつ、後ろから別のフォークで引っ張る。
泥だらけになりつつ、なんとか成功。

で、下界に降りる。
gake2.jpg

道は狭い  

4tトラックの幅はこんくらいなので、たしかに降りられない。
明るければなんとかなるんだろうけどね。

さぁて、積み込みと意気込んでみる。
先方さん、フツーに道路で積み込み開始。
我々のレンタルクレーンを作動
変な音が。
「外れてるやん!」
???

yunikku.jpg

このクレーンをトラックに固定しているボルトが緩みまくってるじゃん、、、

burabura.jpg

あったまきたから返却時に写真も撮っといたし、文句も言った。
ついでに言うと、走行時にも目の前に収納されているフックがだんだん降りてきたりと大変だった。
まぁ、クレーン使うつもりで借りていないから、それ以上は言わなかったけど。

周りも暗いし、他にどんな整備不良があるか分かったもんじゃないので使用停止。

そんなこんなで、最近は温和だと言われている俺もぶち切れ気味。
「もうだめ!諦めた!帰る!」、だって不吉だし、怪我にもナーバスになってるし。
そしたら先方、「遠くから来てもらってそうは行かん」との事。
要は、あのガケっぷちの狭いくねくね道をクレーン車で降りてくるという事。

ぶっちゃけ、死にたくも怪我もしたくないという旨を伝えると
「自分が落ちて死んでも文句は言わん」との事。
文句は言わなくても問題は残るでしょう、、?
ダメを出していると、Tが「やらせてみよう」と。

今一度、ガケを確認しつつ登ると、タイヤの跡がアスファルトの舗装部分から明らかにはみ出している。

で、トラックへ。
「一人じゃ下見れんから、一人乗って~もう一人は降りてライトで足元照らして~」との事。
話がちが~う。
死ぬのは、あんただけじゃないんか!?

さすがにここでTを載せるわけにも行かず、覚悟を決めた。
ヤバイポイントは3箇所。
乗ってみても下見ても、タイヤなんて良く見えない。
で、横では「夜なんて、よう降りれへんわ、、雨の日は絶対に無理や、、、」ってブツブツおっしゃる人がいらっしゃる。
でも、発車。

第一ポイントで(ちょうど上の写真の先あたり)右の壁をゴリゴリ擦りながらクリア。
恐いなんてもんじゃない。

shi.jpg

素朴な質問をしてみた。
「これ、地面崩れたらゴロンっていくよね?」
ゴロンって行くね~との答え。
「だったら、窓から身を乗り出してタイヤ見てたらアブねーだろうが!」って言ってみた。
落ちたらどっちでもいっしょやん、とおっしゃる。
その通り。

タイヤが地面にめり込み始めたら言って、と言われていたんだが、めり込み始めたらどうするつもりだったのだろうか。
未だに疑問。

果たして降りきった。
それなりに修羅場はくぐって来た自負はあったのだが、掛け値なしに恐かった。
吐き気とかしてきたもん。
なぜ、お金を払ってまで奈良へ来て、初めて会った人と命を掛けているのか心底疑問だった。

とはいえ、やりきった。
そして、あとは積んでしまえば一件落着。

一旦、フォークを彼の車に積んで、広い駐車場に移動。

fouku.jpg

ここで我々のトラックに積み替えれば終了。
安心感で彼とも打ち解け「いや~最初はダメかと思ったねぇ~」なんて、談笑。
聞くに、この人も色々となんでも作る人、面白いねぇ。

これもだよ、と差した先にはたった今積み込んだ彼のクレーン車。
初めて明かりの下で見たクレーン車はカラフルだった。

karafuru.jpg

なんでも、5台分くらいのトラックの部品を集めて自分で組上げたらしい。
だから、クレーンも部品によって色が違う。
うっかりカギをかけると、全部のドアのカギが違うからエラい事になるとの事。

今更ながらに、これで積むのかよぉ、、、、と去ったばかりの不安が舞い戻ってくる。
正直逃げ出したかった。

で、案の定というか当たり前というか、彼には分かっていた事らしいが、積み替え時にクレーン車が傾いた。
逃げたねぇ、彼を置いて。

彼は動じずに作業終了。

その後に、近くの食堂でお食事。
始めは”雨降ってんのが分かったら、なんで先に移動させとかないの”と切れぎみだったが、結構気の合いそうな面白いいい人だった。
仲間が増えた気分。
フォークの代金、ちょっと安くしてくれたし。

今回ばっかりは、怪我を増やしたくない気持ちも強かったので早々に諦めた自分がいた。
Tが「なんだかんだと最後はいつも丸く収まるじゃんか、やってみよう」と言ってくれたから出来た。
コイツにゃ、毎回助けられる。
人生にはいい友達が必要だよ。

そして、帰路へ。
行きはTの運転だったので、帰りは俺。
8時に奈良を出て、東名の工事渋滞に止められながらアトリエに戻ったのが3時半。

結局、朝9時出の朝の3時戻りの日帰り奈良ツアーになった。
雨で鹿も見れなかったし、時間が無くて大仏も見れんかった。

無事に終了。
と思いきや。
次の日、フォークにガソリン入れたら、そこは作動油の口だと判明。
作動油9.5:ガソリン0・5くらいの、ブレンド作動油になっちゃった、、、
どうすりゃいいのか、、作動油を入れ替えるほどのお金は残されていない。

owari.jpg

なにはともあれ、マイ重機。
これで、ロボの移動も楽チン&重量もそんなに気を使わなくても済む。

チンクフォークとかは作らない。


| | コメント (17) | トラックバック (1)

October 20, 2004

1/1巨大ロボ製作 足元

まいど。

なんなのこの台風は!
雨!雨!!雨!!!
雨の日は溶接中に感電する確立がグンとアップ。
ああいやだ。

そもそもさ、、
FIATを洗車したと思ったら。
天気がいいので幌をあけておいたら。
朝起きたら車内がびしょびしょじゃんよ、、
台風、絶対ゆるさねぇ。

そんなことがあった昨日か一昨日。
昨日は何をやったか天気がどうか。
記憶が曖昧になってまいりました。
そんなこんなで、サイトの方にロボ関連をアップしたのですが、もう時系列滅茶苦茶。
何月に~っていうのもほとんど目安に成り下がりました。

週末の成果、これもサイトでは9月の事として書いた。
ぁぁ、、収集つかん、、

DSC01869.jpg

こんなもんを

DSC02184.jpg

ここにくっつけていた。


あと、鉄と仕事の方に”ペンチの作り方”も更新。

DSC01586.jpg

これはまともな鉄の話です。

それはそうと、日本の台風も名前を付けるらしいっすね。
後4つ来て28号になったら、鉄人と付けるのだろうか、やっぱり。

| | コメント (18) | トラックバック (3)

October 05, 2004

悲しいお知らせ。

本日3本目というか、書き忘れていたこと。

訳あってロボの腕をばらしたんだが、、

腕は150キロくらいと言っていたが、、

boto.jpg

ちゃんと量ったら200キロ近かった、、、。
どうりで重てぇと思ったよ、、、。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

1/1巨大ロボ製作 レンズ

まいど。

なんだか更新がめっきりご無沙汰になっていました。
気づけば一週間以上、忙しいのもほどほどがいいですな。

ココログのツナガリ展が忙しいのにロボに手を出す。

レンズの部分をぼちぼちやりたいなと思っていた。
ターレットにもらったレンズをぶち込むんだけど、隙間を埋めるというかレンズっぽいディテールも入れたい。
まぁ、プラキャスト(無発泡のポリウレタン樹脂)の塊作って削りだすか、、、ということで、材料を買いに行く。
4000円?昔からこんな高かった?
へたすると、一セットじゃ足らんかも知れないし、、、却下。

そんなこんなでアトリエに戻ると、うちの連中が門扉の取り付け先で不要になったアルミ門扉を引き取って来たとの事。
これですよ、凄くいいタイミング。
前々からそのうちエンジンのパーツでも作ってみようかとコツコツとアルミ缶を集めていた私、アルミコレクターとしては大物ですよ。
どうせキャストで気泡なんか絡んだら後々面倒だし、アルミ削り出しに挑戦。
大体、ここまで来たら全部金属でいきたいもんだ、ケミカル却下。

やらなきゃいけない仕事が差し迫っていると、余計な事が楽しくてしょうがない、だからやる。

monpi.jpg

もらってきた門扉。
けして門扉泥棒をしているわけではない。

arumi.jpg

バラバラ。
最初はグラインダーで切ってみた、面倒くさい。
金ノコも試した、面倒くさい。
叩いてみた、凄く簡単。
アルミ弱ぇ。

tokasu.jpg

鉄のパイプで簡易の鍋を作ってがんがんアルミを突っ込む。
とても楽しい日曜日の朝。

katamaru.jpg

出来た。
アルミのインゴット。
初めての体験はほんと面白い。
まだほかほか。
冷えるのに結構時間がかかった。

これを旋盤で削ること一時間くらい、、

kezuri.jpg


こんな感じ。
旋盤は詳しくないので柔らかいものしかやらないんだけど、アルミは柔らかすぎて刃にくっつく。
刃をいちいち研ぎながらの作業が面倒だけど、基本的に旋盤は楽しいので苦にはならない。
でも、アルミよりも真鍮のほうがもっと楽しい。

karikumi.jpg

仮組。
変な顔。

dekiagari.jpg

レンズユニット出来上がり。
結局見えなくなる部分も必死に削った。
面白いんだもの。
ほんとは色ぬっちゃうからレジンでも良かったんだけど、リサイクルってことで。
鋳造も挑戦したい。

| | コメント (5) | トラックバック (1)

September 18, 2004

ひっそり告知その2。

まいど。

実は一昨日から会社というかアトリエは遅い盆休みなのであります。
そんなことで、朝起きぬけに今日はココログ展やるかボトムズいくか、はたまたFIATいじるかと夢のような数日を過ごす予定です。
昨日はボトムズデー。
ちょっと久しぶりだった事もあり”俺はなぜ一人ぼっちで夜中にロボットを作るのか?”と単純な疑問が沸いてきた午前2時、いかん。

votomuz.jpg

やっと足二本分の部品がそろってきたが、とても重くて途方にくれ始める。
やはり、同じものを二つ作るのは気分が乗らないので時間がかかる。
本日も引き続きボトムズデーなので組上げてみようと思っている、不安と楽しみ半々ですな。
組上げる->意外とかっこいい->やる気が出る->ディテールが増えていく、この感じで。

もう一つの選択、それはFIAT500の再生。

fiat.jpg

部品たくさん、エンジン3台分。
整理整頓は無視するO型なので、部品がよく無くなる。
この手の仕事は本当に自分に向いていないと思いつつも、我慢できないのでいじり倒す。
それで、間違って組上げ、エンジンの詳しい友人に嫌味を言われる、今回も間違いなくこのパターンに陥ると思う。
FIAT500に関しては、面白いことがあったので改めてそのうち。

そして、告知その2。
ひっそりとコメントの方に書いたのですが今発売中のPOPEYEにボトムズ関連載ってます。
あと、本日発売の月間アスキーに私の仕事っぷりを紹介して頂いております。
イラストだけかと思い安心していたら、写真も出ていたのでとほほ。
仕事の合間の写真なので普段はもうちょっとましだとは思うんだけど、、髪も切ったし。

記事を書いてくださった山崎さんの仕事っぷりには感銘を受けまして、”鍛冶屋の見たライターという仕事”ということで書きたいこともあるので、またそのうち。

あと、またもココログ展なんすけど、ウィンドウで色々してもらおうとかわいい女の子を募集しているんですが、これまたかわいい人が集まっているとかいないとか。
私の個人的な趣味ですが、イジワル看護婦かザーマス眼鏡の似合う秘書っぽい感じの方、いらっしゃいましたらご一報ください。

| | コメント (2) | トラックバック (6)

September 05, 2004

1/1巨大ロボ製作 雑感?

まいど。
なんかコメントの欄で返答していくのも見づらいな~って気がするので試しに記事のほうで書いてみる事にします。
メールでもコメントでも色々な励まし等、ありがとうございます。
これをはじめてから、知らない職業の人の話を聞けたりととても楽しいっす。

最近、足が出来てくるにつれ”大丈夫?”と本気で心配してくださるメールなどもいただきます。
まずはここら辺について、、

知っている人は知っている、”降着ポーズ”(字はこれでいいの?)をする事によって、”無理が広がるのではないか?””あんた、そこまでやらなくても、、”とのご指摘。
自分的には意外なご指摘。
最初のプランではむしろこの状態が優先事項。
運搬も保管もこの状態でないと出来ないので。
仮に立った状態でがちがちに固めても、人型であの大きさになったら危なくてそのまま保管なんてできないっす。
むしろ、立たせることのほうがよっぽど無理を感じている自分がいる。

関節可動で立たせるなんて狂気の沙汰では?

関節可動つっても、プラモデル用にぷらぷらにはできないっす、もちろん。
かといって初めから固定で作る事は出来ない。
なぜかというと、図面読みで作っていっても何かがあった場合(どうしてもポーズが形として成立しない等々)、あの大きさだと”手直しが出来ない”からなんですな。

例えば、本業の方で既に出来上がっている家に手すりなどをつける場合、図面どうりに家ができていない事なんて当たり前。
なので、こっちであわせる必要がある。
だから、最終的に固定でも形を合わせるためにあえて可動できるポイントをデザインしておくとか、作業効率から発生するポイントというのがあるんす。

そんなわけで、今回も最終的にある程度固定したポーズ(展示用など)にするためにも、この段階で関節は作っておいた方がのちのちの修正を考えたら、早い。
重量やバランスの関係でここの関節は潰さないとヤバイor動かす必要がない、という事になればその時点で固めればいいわけで。
それに、できれば色んなポーズとれたら面白いし。
初めから可能性を潰さないで、作りながら現実に近づけるってのが自分的には合っている制作方法なので。
仕事は別よ。


あと、笑いながらじゃないと作れないです、こういうもんは。
"ホントに出来るのか、、?”ってしかめっ面した時点で出来なくなる気がする。
自分を騙して盛り上げるのも作業のうち。
もちろん、”どうやったら出来るか、、、”ってしかめっ面はしょっちゅうするけど。

前にフェラーリに乗せてもらったとき、内装の狭さや不便さにFIAT500と同じものを感じて、ああ、イタリア人は考えて物つくってねぇな~って思った事があるけど、ああ、笑いながらこんな面白いもの作るのはスゲーなとも思った。(ひょとしたら、不便さが楽しい事だって知っていてあえてやっているのかも)
まぁ、その感覚で仕事もするから恐ろしいとも思うけど。
なんとなく思うんだけど、倒れそうになったら、面白い支えかたを考えればもっと面白い物が出来る可能性があるわけで。
くどいようだけど、仕事ではないので自分が面白いと思う方向でがんがん行きます。
ついでに、臆病だからほんとにヤバイと思ったらやらないし。
本人がこんななので、どうぞ笑いながら見てやってくださいね。

| | コメント (7) | トラックバック (3)

September 01, 2004

1/1巨大ロボ製作 悩みどころ。

悩みどころ。
デカイ口内炎が出来た。
足がなかなか進まない。

DSC01436.jpg


こんな感じなんだが、、
もちろん、まだまだ製作途中。
構造を図面も描かずに進めてたらかえって時間がかかってる気がする。

結局、上半身を500~700キロと見積もって、片足にかかる重量は500~700+300(足自体の重量)で一トンくらい。
多めに見積もって片足にかかる重量は500~800ってところか。
凄く重いようにも感じるけど、実のところ写真に写ってるチェーンのもうちょっと太い奴で吊れちゃう重さなんだよね、、
(写真のチェーンで500キロまでは保障されている)
たかだか、大人5~10人分の重さだものね。

とはいえ、関節動かして一応、フリーポーズにしようと目論んでいるのでこれに更に関節固定用の構造が入る予定。
どんどん重くなるよ、、。

まぁ、関節部分でどういう加重がくるか分からないしロボット作るの初めてだしトライ&エラーで慎重にいきましょ。
簡単に仮組みできればすぐ分かるんだけどな~って感じなんだけどね、本音は。
とりあえずはイナバの物置が100人(60トンくらいの計算か?間違い、6トン。)乗って平気なんだから大丈夫でしょ。

つーか、、構造的に加重に耐えるか?って事よりも立たせてうまくバランス取れんのか!?って方がよっぽど問題。


DSC01664.jpg

これもやろうとするから、悩むんだよな、、


そうそう、一応、9月の初めか終わりに完成!とは言ってみたものの、未だ会場が決定せずなので個展は延びます。
ごめん。
じつは、一昨日くらいに書いたTOKYO DESGINERS BLOCKにロボ出していいなら参加する!って感じだったんだけど、会場がからNG出たので断念。
結局、ロボ無しで参加することにしたんだけどさ。
なので、ロボも完成が延びる予定。

| | コメント (9) | トラックバック (3)

August 17, 2004

巨大ロボ製作、ふくらはぎ。

おはよーございます。
お盆に休んだ事なんぞ、今までもなかったんですが、、
今年もなんだか忙しかったですよ。
それでも、暇を作って”マッハ!!”を見てきました。
ムエタイ好きなもので。
CGが無いというだけで、こんなに新鮮だとは。
くだらな~いし、話もぐたぐたなんだけどさ。
夏休み気分で楽しかったっす。

そんなこんなで、ボトムズの進行が遅いです。
飽きる前に作らねば!と本人は焦っています。

で、進行中の足。

DSC01360.jpg

こんな感じ。
とにかくですね、強度を出さなければいけないので鉄板もがんがん厚くなっていきます。
つーことは重いです。
3.2ミリ厚からベースを4.5厚にして場所によっては6ミリ、9ミリとしているのでバカ重い。
そのかわり、厚いと溶接が楽ち~ん。

DSC01359.jpg

ほんとに楽。
そのかわり、裏返すときとか頭の血管切れそうになる。
もちろん腰もヤバイ。

そして、昔通っていた病院が気づいたら老人介護の施設に変わっていた。
なんでも、ベッド数よりも入院患者を多く入れてばれたらしい。
営業停止ですな、つーか廃業か、、、
まじめにやれよ、、、、

あ、ひっそりとサイトの方も更新します。

| | コメント (11) | トラックバック (14)

August 10, 2004

まじめな話。

ちょこっと、書きたいことがあります。

ボトムズの事なのですが、当初はここまでの反響があるとは思わずに、軽~い気持ちで始めました。
作った理由はサイトにある通り。
所詮、作った物もプラモのデカイ版だし、、と思っていたところが、サイト立ち上げ3日目にして驚きのアクセス数。
「これはイカン!!」とあせりました、実際。
問題になる前に、こっちからサンライズさんに謝らねば!!!!と思いあたふたしていると、、その日のうちにサンライズの担当さんからメールが、、、、

やっべぇ、、、、、


ところが、意に反して、ぜひ見に行きたい!との好意的なメール。
ここぞとばかりに、ご連絡をして平謝り。
そして、この度、サンライズ様のご好意でサイトの写真に(C)サンライズとつけさせていただく事になりました。
太っ腹かつ、寛大な判断を頂き、、、まことに、、、ありがとう!

そんなわけで、今後も正式に製作を続けさせていただきます。

私も、作る事と共に、デザインもする身。
版権について、事後報告になってしまったことは本当に反省しております。
そんな状況で快く判断をいただいたことに、サンライズ様へ、この場を借りて、心からお礼を申し上げます。

| | コメント (18) | トラックバック (6)

August 03, 2004

1/1スコープドッグ製作 肩の丸いの

7月分の肩の丸い部分、サイトにアップしました。
作業内容も同じような感じなので、あんまり面白くないかも。
後半戦は、写真のとり方やら色々研究してみます。
実は、サイトの更新もそうそうできなくなるかもしれないので、ウェブカメラなんてものを購入。
アトリエ内でも写してみようかと思っていたけど、時々異様にハイになって踊り狂ったりしている時が無くもないので、パス。
カラオケにもいけないくらい恥ずかしがりなので(というか大嫌い)、冷静に考えたら問題外の企画だった。
ついでに言うと、キャバクラも大嫌い。
なぜか青森でキャバクラに連れて行かれ、一言も喋らなかった事がある。
すげぇ、苦手。
それも、誘われて連れて行かれたのにワリカンとか。
切れた。
そんなこんなで、ストレス解消はやはり病院ですよ。
看護婦さんに囲まれて、保険証もってれば常時7割引きはデカイ。


話は戻って巨大ロボ。

いつできあがるん?
最近、必ず聞かれるのですが、、、
仕事じゃないので、出来上がった時が終わるとき!
と、言いたいところですが、完成予告をします。
そうしないと何時までたっても終わらないし。
9月頃。
9月の初めか終わりかはわからないけど9月頃、って事で。
で、出来上がり次第、都内で個展!と行きたいっすね。
PCやらもまとめて。
とはいえ、、、、、スコープドッグが入るギャラリーかぁ、、、
クリアしなければいけない問題が少々あるので、お約束はできませんが、やる気はあります。
できるはず。

| | コメント (15) | トラックバック (2)

July 27, 2004

1/1スコープドッグの製作 腰

なんか、韓国のブログでも紹介してくださった方がいて、翻訳サイトを使って読んでみました。
ブルーティッシュドッグって右手が武器じゃないの?と、そんなコメント。
う~ん、良く知ってるなぁ、、、韓国の人。
こっちからも日本語、ハングル変換でコメントしてみたら、ちゃんと通じたみたい!
すごい世の中になったもんだ。
そんなわけで、わかっちゃいたけど、、
スコープドッグもとい、ブルーティッシュドッグもとい!、スコープドッグ-ブルーティッシュカスタムでいいすか?
足もノーマルなんだよね、ぶっちゃけ。

6月分をアップしました。

DSC00800.JPG

腰のあたり。
現状の進みは、、、

DSC01280.jpg

こんな感じ、モモのあたりを作ってます。
思ったよりもデカイ。
下へいくにしたがって、強度を上げていかなくてはいけないので、四苦八苦。
ちょっと時間かかるかも、、足。
ゆっくりっすけど、ぽちぽちアップしますんで。


| | コメント (30) | トラックバック (11)

July 18, 2004

、、、、

昨日、サイトのボトムズの所を更新したつもりでいたんですが出来てなかったみたいです。
見に行かれた方、ごめんなさい。

ここのところ、メールも頂くようになりやる気を分けてもらっている気分です。
友達に指摘されたんですが、自己紹介すらしてなかったです。

kogoroといいます。
こごろ、ではなくてコーゴローがホントです。
最近は変わったらしいんだけど、前はパスポートの表記がこうだったんで。
どんなに練習させても、外国人にはコゴローになってしまうので、もういいか、と。

女子バレー、日本負けたのでテンション低め。

| | コメント (2) | トラックバック (3)

July 17, 2004

1/1スコープドッグ製作 腕

連休ですね、時間がたっぷりです。

五月ころの状況。

DSC00566.jpg

こんな感じ。

ぼちぼち、もう片方の腕を作るかな~と思っていたんだけど、朗報が!
YAMAGさんがブルーティッシュのデータを参考にさせてくれるとの事!

やる気が出ます。

実は、車が壊れる前に、これの購入を真剣に考えていました。
このシステムを元に、油圧シリンダーの制御用のシステムを作ったら、いけんじゃん!?って思わないです?
だれか持っている人いたら、どんな感じか教えてください。

| | コメント (2) | トラックバック (10)

July 15, 2004

なんか凄いことになってるんですけど。

おはよーございます。
今日も暑そうですな。

てか、、、、、アクセス数とかおかしいんですけど??
ひょっとして、ほんとにこんな沢山の人が見てくれたの??
サイトのカウンターもぶっとんでるし、、、

よく分かりませんが、ありがとうございます!
”作る"という事をこんな大勢の人が見に来てくれたのならば、こんなに嬉しいことは無い!
さぁて、今日もこそこそやるか。

ところで、サイト経由でウィルス入りのメールとかもがつがつ入ってるんすけど、、、
メールアドレスとか載せないほうがいいんですかね?

| | コメント (45) | トラックバック (7)

July 13, 2004

1/1スコープドッグ製作 サイトが出来た。

1/1スコープドッグを中心にした、私のサイトをリニューアルしました。
色々と作った物を紹介しています。
BLOGとリンクして進行していきますので、どうかよろしく!

現在の主な記事は1/1スコープドッグ
DSC01053.jpg

FIAT500のレストア記
image010.jpg


などなど。

| | コメント (6) | トラックバック (17)

1/1スコープドッグ 頭製作

3月くらいに頭を作り始める。

丸い。
とてもめんどくさい。
DSC00019.jpg

レンズ
こういうの作るの大好き。
実は形を左右間違えて作り直した。
DSC00441.jpg

フード
DSC00406.jpg
一日みっちりがんばると結構出来る。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

July 12, 2004

1/1スコープドッグ製作-ボディ

3月辺りの某日。

とりあえずは、ボディから作り始める。

body.gif

マウスで書くのはこんなんが精一杯。

DSC00046.jpg

まず、人が中にはいれるか検討したい。
既に一人ではもてない重さ。
アトリエ内では既に邪魔者にされている、今後はいかに隠れて作るかがテーマになる。

DSC00044.jpg

基本的にこんな作業。
鉄板を叩いて曲げちゃ溶接、繰り返し。
使う鉄板は3.2ミリ。
これよりも薄いとぺらぺらで作業性が悪いし、厚いと重くて大変。
なんつっても作るのは一人だからね。

DSC00204.jpg

時には熱したり

DSC00189.jpg

切ったり。
なんかきれい。

こんな感じで進んでいきます。
なんといっても敵は重さ。
一人でもてるのはMAX80キロくらい。
腰も爆弾抱えてるし。
されど、侮る事なかれ、人力。
がんばりゃ、なんとでもなる。
ついでに人力の検証もしてみる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

July 11, 2004

根性試しで1/1スコープドッグを作ってみる。

巨大ロボを作ってみる、4Mくらいの。
いきなりっすけど、こんな感じ。

DSC00806.jpg
                              (C)サンライズ


そもそも、何で作るかっていうと、、、
昔からプラモデルは好きなんで、模型雑誌とかを立ち読みするんですが最近のプラモは接着剤もつかわないらしいっすね。
誰が作っても、同じようにできあがる。
そりゃ、子供もテレビゲームばっかやりますわ。

作る-自分だけの物を根性入れてつくることっしょ。

そんなわけで、大人の根性みしちゃる。

1/1よ、もちろん。

DSC01159.jpg


今のところ、こんくらいは出来てるんだけど毎日なんか書きたいので、作りはじめに戻って書きます。
すぐに、追いついちゃうんだろうけど。

| | コメント (1) | トラックバック (14)